よくある質問

予約

Reservation

予約・キャンセルについて

健診の予約はどうすればいいですか?

ご予約は、予約センターにてお電話で承っております。フリーダイヤル(0120-823-053)よりお申込みください。(※完全予約制)
お電話の受付時間は、平日(月~金)8:30~16:30、土曜日(隔日)8:30~15:00、日曜日(隔日)8:30~12:00となっております。

健診の予約の変更もしくはキャンセルがある場合はどうすればいいですか?

予約センター(0120-823-053)へお電話ください。

健診の予約の空き状況はどうすればわかりますか?

予約センター(0120-823-053)へお電話ください。

直前の予約キャンセルについて

お客様のご都合による直前のキャンセルについてはキャンセル料を頂戴する場合がございます。予めご了承ください。
ご予約変更の方は、必ずお電話あるいはFAXにて変更をお願い致します。

全般

General

施設・サービスについて

健診を受けるにはどれくらい時間がかかりますか?

生活習慣病予防健診は約1.5時間、人間ドックは約3時間、定期健康診断は約1時間とお考えください。
なお、健診項目数やオプション検査により時間は前後いたします。

結果はどの位で届きますか?

人間ドック・定期健康診断の結果は、健診後約3週間でご指定先に郵送いたします。

精密検査は受けられますか?

当会(本部円町)に診療所を併設しておりますので、健診後の精密検査・再検査をお受けいただけます。≫診療所のご案内(リンク)
当診療所にない受診科につきましては、最寄りの医療機関をご受診ください。

駐車場はありますか?

専用駐車場がございます。

健診料金の支払いにカードは使えますか?

NICOS、 UC、 UFJ Card、JCB、 Diners Club International、 Master card、 VISA、 DC、いずれかのカードでお支払いいただけます。

健診受診前

健診当日に薬を飲んでも大丈夫ですか?

血圧の薬を服用されている方は、検査当日朝7時までに少量の水で服用してください。
その他の薬を服用中の方は、主治医と当日の服用についてご相談ください。

健診前日、健診当日の飲食・喫煙はどのようにしたらいいですか?

健診前日の夕食は午後9時までに消化のよいものをお召し上がりください。お茶かお水は、就寝前(目安として午前0時)までは摂っていただいて結構です。
健診当日は、血液検査・胃X線検査・腹部超音波検査をお受けになる方は、起床時より食事をせずにお越しください。
また、あめ・ガム・喫煙も控えてください。飲水については、健診受付時間の2時間前までにコップ1杯程度(200ml)の水はお摂りいただけます。
ただし、お茶・コーヒー・牛乳などは控えてください。

午後に健診を受ける場合の飲食・喫煙はどのようにしたらいいですか?

健診受付時間の10時間前から食事をせずにお越しください。また、あめ・ガム・喫煙も控えてください。
飲水については、健診受付時間の2時間前までにコップ1杯程度(200ml)の水はお摂りいただけます。
ただし、お茶・コーヒー・牛乳などは控えてください。

検査について

Checkup

検査全般

心臓ペースメーカーの植え込みをしていますが、検査を受けることができますか?

体脂肪率測定はペースメーカーに影響を及ぼす可能性がありますのでお受けいただけません。
胃部X線検査は当会の専用ベストを着用してお受けいただけます。
健診当日はペースメーカー手帳をご持参いただき、受付へのお申し出をお願いします。

除細動器(ICD)の植え込みをしていますが、検査を受けることができますか?

体脂肪率測定は、植え込み型除細動器(ICD)に影響を及ぼす可能性がありますのでお受けいただけません。胃部X線検査は当会の専用ベストを着用してお受けいただけます。
健診当日は植え込み型除細動器(ICD)手帳をご持参いただき、受付へのお申し出をお願いします。

妊娠中(疑い)なのですが、健診を受けることができますか?

基本的にはご受診いただけます。ただし、レントゲン検査、胃内視鏡検査は、胎児に影響を与えますのでお受けいただけません。

授乳中ですが、健診を受けることができますか?

基本的にはご受診いただけます。ただし、胃部X線検査は、お受けいただけません。
胃内視鏡検査は、胃内視鏡時に使用する麻酔薬が授乳を通じて乳児に影響を与えるおそれがありますので、検査後24時間の断乳が難しい場合はお受けいただけません。

生理(月経)中は受診できますか?

基本的にはご受診いただけます。ただし、尿検査・便検査については検査結果に影響しますので、お受けいただくことができません。
事前に健診受診日の変更をお願いいたします。

体重によってできない検査がありますか?

検査機器によって安全が確認されている荷重が異なります。健診当日の体重が135kgを超えていると検査台への過荷重にて安全が確保できない場合がありますので、胃部X線検査はお受けいただけません。
また、胃内視鏡検査は指定曜日のみとなりますのでご了承ください。

採血の箇所が青くなりました。どうすればいいですか?

採血後は刺入部を圧迫しておくことが必要ですが、圧迫が不十分であったりすると内出血を起こします。
採血箇所が腫れた場合は(膨らんだり、張った感じのこともあります)、その部位が青く変化(青あざ)してきます。
その後は青あざから次第に黄色となり、2週間ほどで吸収されるため心配ありませんが、腫れや痛みが続く場合はご連絡ください。

採血後、お風呂に入ってもいいですか?

お風呂に入っていただいても問題ありません。採血箇所を強くこすらないようご注意ください。

診療

診察の時に受けた説明と、結果報告の内容が違うのは何故ですか?

健診後に更に専門の医師がチェックし、最終結果が報告書に記載されているためです。

上部消化管

胃部X線検査と胃内視鏡(カメラ)検査はどのように違うのですか?

胃部X線検査では、胃粘膜の病変を凹凸・粘膜ひだ・辺縁・胃壁の伸展状況などから、胃の全体像や病変の部位・大きさを確認します。
今までに胃の検査を受けられたことのない方、胃病変を指摘されたことのない方の場合は胃部X線検査をお勧めします。
胃内視鏡検査では、食道・胃・十二指腸を直接観察します。ピロリ菌をお持ちの方、毎年胃内視鏡検査を受けるよう医師から指示のある方の場合は胃内視鏡検査をお勧めします。

胃部X線検査ができないことがありますか?

下記に該当される方はお受けいただけません。

  • 高血圧の方(健診当日の血圧が180/110mmHg以上の方)
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方・授乳中の方
  • 健診当日の体重が135kg以上の方
  • アカラシア(食道狭窄)の方
  • 過去に胃部X線検査を受けて過敏症(アレルギー)症状のあった方
  • 消化管の閉塞(腸閉塞)またはその疑いのある方

胃部X線検査後、白い便が出ない場合はどうしたらよいですか?

できれば当日、遅くとも翌日までにはバリウム(白い便)が排泄されることが望ましく2錠の下剤を検査後速やかにお飲みいただくようお願いしています。
ただし、バリウムの排泄に関しては個人差が大きく、下剤が必要でない方から2錠ではほとんど効果がない方などさまざまです。
検査後は水分をしっかりお摂りいただき、翌朝までに白い便がでない場合は残りの2錠も服用してください。
吐気や腹痛などの症状がある場合は、当センターへご連絡いただくか、最寄の医療機関をご受診ください。

胃部X線検査後、下剤は何錠もらえますか?

胃X線検査後、緩下剤を4錠お渡しします。便秘等で多めに緩下剤を希望される場合は、最大10錠までお渡し可能ですので、受付でお申し出ください。
ただし、1回の服用量は2錠までとなっております。

胃内視鏡検査は、午後も受診できますか?

午前のみの実施となります。

経鼻カメラ検査は受けられますか?

お受けいただけます。予約時にお申し出ください。
ただし、鼻の病気や手術歴のある方、出血傾向や鼻炎症状のある方、鼻腔が狭くカメラの挿入が困難な場合などお受けいただけないことがあります。(担当医の判断で、経口カメラに変更させていただく場合があります。)

腹部超音波

かかりつけ医があるのですが、人間ドックでも腹部超音波検査を受けた方がよいのでしょうか?

人間ドックの腹部超音波検査は6臓器(肝臓、胆のう、腎臓、膵臓、脾臓、腹部大動脈)に所見があるかどうかを見ています。かかりつけ医で腹部超音波検査をする場合は、所見のある臓器を重点的に見ていると思われます。
6臓器全てを見ているかどうかわかりませんので、人間ドックでも検査を受けることをお勧めします。

便

便が出にくいのですが数日前のものでもいいですか?

採便日が検査当日から5日前までの便であれば問題ありません。また、1日分でも検査はお受けいただけますが、可能な限り2日分採るようにしてください。

便の検査は食べ物の影響を受けますか?

食べ物の影響は受けません。便中のヒトの血液成分(ヘモグロビン)に特異的に反応を示す検査法です。

胸部X線

最近、胸部X線検査を受けましたが、また検査を受けても大丈夫ですか?

検査機械や体型により多少の違いはありますが、胸部X線検査の被曝量はおよそ0.1mSvです。
東京とニューヨーク間を航空機で往復する機内で浴びる放射線量は約0.2mSvと言われており、この放射線量は健康上の影響はほとんどないと考えられます。

喀痰

喀痰検査の痰はどうやって採るのですか?

起床時の痰を採ってください。痰を出す前に含嗽(うがい)をし、できるだけ強く咳き込んで胸の奥から上がってきた痰を採ってください。

喀痰検査は何日前から痰を採ってもいいですか?

健診日を含め5日以内に採ってください。

喀痰検査の痰は3日分出さないといけませんか?

1、2日分でも検査可能ですが、3日分の方が、検査精度が上がります。

その他血液

慢性関節リウマチの疑いがある時はどのような検査をしますか?

関節炎症状がある場合は、さらに詳しい血液検査や関節のX線検査、MR検査、超音波検査などをします。

ヘリコバクターピロリIgG抗体は何を調べますか?

胃がん、胃・十二指腸潰瘍の原因となる細菌で、細菌感染の有無を調べます。

ペプシノ-ゲンは何を調べますか?

胃がんの要因となる胃粘膜委縮の状態を調べます。

血管ドック

頸部超音波検査はどれくらい検査時間がかかりますか?

平均10分くらいです。

頸部超音波検査はどういう人が検査を受けたほうがいいですか?

動脈硬化のリスクの高い方(糖尿病、脂質異常症、高血圧、狭心症、心筋梗塞など、喫煙歴のある方、過去に脳梗塞や一過性脳虚血発作がある方)におすすめします。

血圧脈波検査はどれくらい検査時間がかかりますか?

平均5分くらいです。

血圧脈波検査はどういう人が検査を受けたほうがいいですか?

血管のつまり具合や弾力性を測ります。動脈硬化の程度を調べたい方におすすめします。

甲状腺機能

甲状腺機能を調べる血液検査でFT4も一緒に検査した方がいいですか?

TSH(甲状腺刺激ホルモン)とFT4(甲状腺ホルモン)の値を同時にみることで、甲状腺機能を評価し診断につなげます。
主に甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や、甲状腺機能低下症(橋本病)の診断に有用です。

骨密度超音波

骨密度測定はどういう人が検査を受けたほうがいいですか?

骨の中にあるカルシウムとコラーゲンが減少し骨の密度が下がることにより、骨がもろくなる病気が骨粗鬆症です。
身長の縮みや腰が曲がるといった現象も骨粗鬆症が原因です。特に40歳以上、閉経後の女性におすすめします。